音と言の結晶

今日もきっと不貞寝日和
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  68

【歌詞】 White Path

White Path


 ふわり ゆれて
 銀の花が落ちる
 ひとり 見送る
 君と歩いた道

 夢と現実を秤にかけて
 傾いた皿に
 残酷な答え
 突きつけられる
 
 あの時崩れた私の世界(ジグソーパズル)は
 まだ解けないままで
 隙間の埋め方分からなくて
 ひとりただ立ち尽くしていた

 ふらり訪ねる
 あの冬の思い出
 ふたり 並んで
 歩いていた幻

 刻はまた巡って
 傾いた日差しは
 影法師を長く伸ばしていた
 未練のように

 消せない想い(ピース)を内に秘めたまま
 ただ雪は解けゆく
 行き場を無くして溢れ出した
 心の雫 土を濡らしていた

 見えない明日を探し続けた
 どこにも答えは無くとも
 歩いていこうと弱々しく
 強がってみた
 この白い道を


スポンサーサイト
別窓 | 歌詞 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【歌詞】 Moralistic Train | 音と言の結晶 | 歌詞置き場>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音と言の結晶 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。