音と言の結晶

今日もきっと不貞寝日和
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  122

【歌詞】 ゆきこいもよう

ゆきこいもよう



枯葉を吹き飛ばして
自転車が走り抜ける
そんな12月は初めてで
去年と同じコートじゃ
少し暑いくらいで
ボタンを外して歩く

そんなことは着る前から
分かりきっていたことで
それでもなぜか捨てられずに
同じ恰好している
忘れたいの? 失くしたいの?
あの頃のこと あなたのことも
この街で

雪が降っても寒くないから
これでもいいやって強がって
あの日ほんとうのあたたかさを
手放したことから目を背けている
いまでも


街は人で溢れ
アスファルトが剥き出しの
クリスマスは違和感があって
やたらと眩しい街が
少しだけ恨めしくて
早足になっていた

1年前は白い道を
指を絡めて歩いてたのに
いまはひとり別の場所で
変わらないのは恰好だけで
消し去りたいの? 消え去りたいの?
あなたのことも わたしのことも
まっさらに


行き場を探すように
あの町を思い浮かべ
抜け落ちた絵(せかい)を描いた
去年と同じコートの
裾をきつく握り締め
気付かないふりをした


雪が降ればきっと全てを
まっしろに染めてくれるなんて
心にも無いそんな言葉を 
思って 想い(ピース)を
手に取った
いまさら

雪が降ったらきっと全てを
思い出してしまうんだろうな
いま会いたいよ いま戻りたいよ
あなたに あなたの腕の中に

やっぱり寒いんだ



スポンサーサイト
別窓 | 歌詞 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ゆきこいもよう feat. 雪歌ユフ | 音と言の結晶 | みんなのUTAU新譜 ゆきこい >>

この記事のコメント

No.17 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-07 Tue 22:06 | | # [内容変更]

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音と言の結晶 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。