音と言の結晶

今日もきっと不貞寝日和
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  103

2012年を振り返る その2

 さて、前回の続き。2012年振り返り第2弾です。


4. 風原、キレ音源に出会う。

 Cubaseを使い始めると同時にKORGのnanoKEYも購入し、作業にも慣れ始めた5月末、彼はやってきました。
 そう、波音リツ・キレ音源。この表現力豊かなライブラリの登場は、今年のUTAUブームの火付け役といっても過言ではないでしょう。
 なんだこれは! となったぼくは気がついたら1曲書き上げていました。それが「Coronagraph」です。
 このときはキレ音源の使いこなしも、そもそも連続音の使い方もよく分かってなかったから、ほぼ単独音で作ってるので、いつか連続音で作り直したいなぁとか思っていたりします。

 ともあれ、これが今年の作品の中で一番聴かれた曲になるわけです。このことが、予想外の展開を見せます。

5. 風原、Gekkayoに載る。

(楽譜が)
 
 そう、7月発売のGekkayo Vol. 4にCoronagraphの歌詞とメロディ譜面が載りました。
 今年の創作活動で起こった最も大きな出来事の1つです。買っていた雑誌だけにびっくりだし、嬉しかった。
 スガシカオの拍子に、載ってる他の楽曲もそうそうたる面子なのにぼくが載って大丈夫か!? などとぷるぷるしていましたが、本屋さんにも無事並んでいました。やったー。

6. 風原、テレキャスを買う。

 キチンの波とかジュグラーの波とかっていう用語を高校生のときに習ったなぁ。設備投資とかの周期によるあれ。家庭でも家電って壊れるとき一気に壊れるよね。

 DTM始めて以来ハチプロくらいにしか使ってこなかった設備投資がこの1年間でどっかんどっかん増えました。
 アコギ録音用にマイクは買ったし、DAWはCubaseを買ったし、ドラム音源もBFD2を買ったし……となると欲しくなったのがエレキギター。
 昔から欲しかったんだよね、テレキャスター。でもあんまり高いのは買えないので、お手頃なのを1本、7月中旬に購入しました。

 そして、機材を買ったらすぐに使いたくなるのが人の性。
 楽曲に速攻組み込んだ「Re: post」を公開したのが9月頭。
 この曲は、kagatiさんが描いたユフさんの絵から詞と曲を作るという試みをしました。ユフさんまじ天使。

 当時、ピックにほとんど馴染みが無かったので、早いところ慣れたいなと思っていたらそろそろ半年が経ちます。一向に上手くなる気配がありません、どうしましょう。

 
 ってことで続く。
スポンサーサイト

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2012年を振り返る その3 | 音と言の結晶 | 2012年を振り返る その1>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 音と言の結晶 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。